お店も会社も立地は大切。自営業を始める場所探しのポイントは?

飲食や小売なら集客が見込める地域に


自営業を始める際に、その業種を飲食や小売にする場合には、集客が見込める地域に出店するのが一番です。
集客が見込める場所というのはただ単に駅の近くや繁華街というわけではなく、郊外場所でも国道沿いや大きめの道路がある場合には、意外に集客力があるケースもあります。ですからまず最初に考えることはその地域の人口分布や同業種の店舗数を調べてみるのが良いでしょう。激戦区に出店するとなかなかお客さんが入ってこないこともありますが、店舗があまり多くない地域ならば開店当初から繁盛するということも珍しくはありません。自営業は誰でも開業できますから、自営業で生活していくのならば、立地を考えて出店をしましょう。不動産屋にアドバイスを求めるのもベストな方法です。

賃料の高低も大事になってくる


自営業として出店する場合には、賃料の高低などについても大切な要素となりますから、月々いくら払うことが出来るのかを考えてから選びましょう。
予算に余裕があったとしてもあまりにも賃料が高すぎる所に出店すると、後々万が一利益が落ち込んできた時にその賃料がネックとなります。最低限の売上げで難なく払うことが出来る賃料というのがベストですから、賃貸を借りて出店される場合には収益の見込みと賃料のバランスをしっかり考えることが大事です。また自社物件として購入する場合にも、固定資産税がかかりますから、維持費などの捻出を考える必要があります。自営業を始める際には出店する場所で大きく運命が変わるのでよく考えることが大事です。